兵庫県神戸市で「GLP 六甲III」を竣工
2 社との賃貸借契約により満床

印刷
 物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP 株式会社(本社所
在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、本日、兵庫県神戸市
でマルチテナント型物流施設「GLP 六甲III」の竣工式を執り行いましたので、お知らせします。
なお、「GLP 六甲III」は3PL 企業である水岩運送株式会社(本社所在地:大阪市西区、以下「水
岩運送」)および大手物流企業との賃貸借契約により、満床となっています。
 
 「GLP 六甲III」は、満床稼働中の「GLP 六甲」「GLP 六甲II」と同様に六甲アイランド内に位
置し、大阪と神戸への交通アクセスに優れています。地上4 階建て鉄骨造、延床面積32,153 ㎡の
先進的物流施設で汎用性の高い施設設計により、テナント企業の細かなニーズにも柔軟に対応し
ます。特に1 階はハイブリッド工法により内柱を鉄筋コンクリートとすることによって、ブレー
スがなく、効率的なオペレーションと自由度の高いプランニングが可能な施設となっています。
加えて働く方の休憩スペースとしてラウンジ等を設けるなど快適な労働環境を提供します。
 
 BCP 面では、「GLP 六甲III」が位置する六甲アイランドは、防潮堤対策により、神戸市のハザ
ードマップ上でレベル1(100 年に1 度の発生頻度)の津波発生時にも浸水しないと想定される
エリアですが、レベル2の津波(1000 年に一度かそれ以下)まで想定し、変電設備の設置位置を
高くするなど、十分な対策を講じています。
 
 日本GLP 代表取締役社長の帖佐 義之は、「『GLP 六甲III』は、神戸港に隣接し、神戸市内
をはじめ、関西全域の配送に対応する物流拠点として好立地に所在します。入居企業様には、使
用目的に幅広く対応できる施設仕様などを評価頂き、竣工前に入居をご決定頂きまして大変嬉し
く思っております。今後も企業のニーズに応えて物流オペレーションの更なる効率化および快適
性を追求するとともに、地域の一層の発展に向けて尽力して参りたいと考えております」と述べ
ています。
 
    wu_ti_2.png
             「GLP 六甲III」外観
 
 「GLP 六甲Ⅲ」は、日本の5 大港である神戸港に隣接、阪神高速5 号湾岸線「六甲アイランド北」
IC から約2.7km に位置し、5 号湾岸線西伸部(六甲アイランド北~駒栄)の整備が進んでおり、
今後さらなる利便性の向上が見込めます。加えて六甲ライナー「マリンパーク」駅より徒歩圏内
で、沿線に複数の住宅地があることから雇用の点からも優位な立地と言えます。
 
 「GLP 六甲III」は、GLP がCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プ
ラン・インベストメント・ボード)と2016 年2 月に50%対50%で設立した合弁事業「GLP ジャ
パン・デベロップメント・ベンチャーII」による開発物件となります。
 
■ 施設概要
施設名:GLP 六甲III
所在地:兵庫県神戸市東灘区
敷地面積:15,994 ㎡
延床面積:32,153 ㎡
構 造:耐震・鉄骨造
着工:2018 年9 月
竣工:2019 年9 月
以上

 

[1] 米国のBig Ass Fans Solutions 社が製造するHVLS(High Volume 「大風量・大容量」 Low
Speed 「低回転速度」)ファン製品モデル群の総称。
 
 日本GLP 株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
 日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点
を網羅する都市で、106 棟・総延床面積約559 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経
済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供していま
す。GLP では、事業展開している地域コミュニティおよびその環境に配慮し、持続可能な社会の
形成に貢献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。
 
 GLP Pte Ltd.について (http://www.glprop.com/
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流セクターとその関連テクノロジーへの投資に特化し、不動産およ
びプライベートエクイティファンドにおいて660 億ドルの運用資産を有する世界的な投資会社で
す。GLP の不動産ファンドプラットフォームは世界最大級でポートフォリオは、7,500 万㎡(約8
億1,000 万ft²)です。2019 年には、Private Equity Real Estate(以下「PERE」)が主催する「2018
年PERE Awards」のグローバル部門において「Firm of the Year」および「Logistics Investor of the
Year」を受賞しました。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP 広報担当(IFC):竹江/ 岡 電話:03-5532-8921
プレスリリース
一覧へ戻る