日本GLP
愛知県小牧市で「GLP小牧II」を竣工

印刷

 先進的物流施設のリーディングプロバイダーである日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、本日、愛知県小牧市でマルチテナント型の先進的物流施設「GLP小牧II」の竣工式を執り行いましたので、お知らせします。

 「GLP小牧II」は地上4階建て、延床面積約36,449㎡のマルチテナント型の先進的物流施設で、中部地方の物流集積地である小牧市の名神高速道路、東名高速道路の「小牧IC」から約2キロに立地し、名古屋近郊の市内配送および中部地域全体の広域配送の拠点として活用することが出来ます。また、周辺地域は同市を含め名古屋市のベッドタウンが複数あることからも雇用確保についても良好な環境と言えます。

 「GLP小牧II」は、さまざまな規模の物流ニーズに対応出来るようL字型の建物を東側A区画と西側B・C・D区画の大きく2エリアに分け、東側A区画は低床片面バース、3層構造で西側は高床両面バースを3分割し、1階を含めた2層使いとすることで入出庫の利便性を確保すると同時に上層階でのワンフロアオペレーションが実現出来ます。

 なお、最大4社の入居が可能ですが、現時点で「GLP小牧II」はサッポログループ物流株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 松崎 栄治)、株式会社K's物流(同:愛知県小牧市、代表取締役社長 平井 謙太郎)および株式会社ビーイングホールディングス(同:石川県金沢市、代表取締役 喜多 甚一)のグループ会社である株式会社コラビスの入居が決定しています。各社は、立地や低床バースなどの施設の仕様などが決め手となり、入居を決定しました。

glpxiao_mu_iixiao__0.jpg

                                 撮影:SS Co., Ltd

「GLP小牧II」外観

 施設内の労働環境の面にも配慮し、1階に48席の従業員用休憩室を設けたほか、アルミ製巨大羽根を低速回転させ、天井の高い広域空間に大容量の空気循環を生み出す超大型シーリングファン「ビッグアスファン」も装備します。このシーリングファンにより体感温度として空調設備と同等の効果が見込めます。

 「GLP小牧II」が立地する小牧エリアは南海トラフ巨大地震の影響の少ないエリアと想定されており、強固な地盤上にあります。さらなる地震に対する総合的なBCP対策として、施設内に地震計を設置、リアルタイムで加速度をモニタリングできるシステムを採用しています。

 日本GLPの代表取締役社長の帖佐 義之は、「『GLP小牧II』では中部地方の物流ニーズに沿うべく、このエリアに少なかった小割対応可能なスペースや低床バースを提供し、最適な立地で高い物流効率性を実現しました。その立地やニーズに呼応した仕様が決め手となり入居を決定頂いたサッポログループ物流株式会社様、株式会社K's物流様、株式会社コラビス様のビジネス成長の一助となるよう物流オペレーションの面からサポートして参ります」と述べています。

 「GLP小牧II」の開発は、GLPがCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と2011年8月に50%対50%で立ち上げた合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーI」による開発物件となります。GLPは、現在、愛知県で3棟の物流施設を所有・運営しています。

 

以上

 

2018年1月22日付で日本GLP株式会社に社名変更致しました。


日本GLP株式会社について(http://www.glprop.co.jp/

日本GLP株式会社は2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、93物件・総延床面積約460万平方メートルの物流施設を運営しており(2017年9月30日現在)、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に有益且つ有意義な貢献をし、また持続可能な社会の形成に役立つため包括的なESGポリシーを策定しています。

                          

GLP Pte Ltd.についてhttp://www.glprop.com/

GLP Pte Ltd. (GLP) は、物流ソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。戦略的立地にある物流施設や先進的なエコシステムのパートナーなどのネットワークを通じて、GLPはカスタマー企業に賃貸スペースおよび価値を創出する技術革新を活かしたソリューションを提供しています。8カ国においてマーケットにおける地位を確立している世界最大級の不動産ファンド・マネージャーであり、運用資産は約430億米ドルで、グローバル・ポートフォリオは6億3,600万平方フィート(約59百万平方メートル)におよびます。

【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP広報担当(IFC): 神谷 電話:03-5532-8921

 

施設概要

施設名:GLP小牧II
所在地:愛知県小牧市大字西之島1818番5
敷地面積:約17,518㎡
延床面積:約36,449㎡
構  造:鉄骨造(耐震構造)
着  工:2016年12月
竣  工:2018年1月

 

 

 

プレスリリース
一覧へ戻る